誰でも分かる、自費出版の仕方と売る為の宣伝方法!その3

仕事

こんにちは、RYORYOです!

出版経験のない当時23歳だった俺が、親戚の叔母の小説を出版するまでのお話を元に、自費出版を考えているあなたの為、自費出版から本の宣伝までを解説しております。

印刷会社への原稿の入稿からISBNコードの説明までを「その1」で、ISBNコード取得から書店販売までを「その2」で解説してきましたので、併せてお読みください。

それでは書店販売後の売込方法と出版記念パーティーまでを解説します!

本を出版したなら、新聞社へ売り込もう!

最近では、書店へ並べるより、Amazonと契約してネット販売する方法も有ります。

でも、有名な著者ではない限り、なかなか売る事は大変です。

そこで、当時の俺が行った行動は「新聞社への売込」です!

売込と言っても、新聞社へ販売するのではなく、記事として取り上げてもらうのが目的です。

その地域の新聞社へ「地元の主婦が自費出版」等、何か話題性のあるキャッチフレーズで記事として取り上げてもらうのです。

その為に、新聞社へ電話や手紙を送ります。根気よくいきましょう。

俺の場合は、運よく地元の新聞社が取材に応じてくださり、新聞に掲載していただきました。

そのお陰で新聞を見た方から注文の電話をいただき、売込事もできましたので、これは使ってみる価値はあると思いますよ。

現代では、SNS等で「オススメの本」として拡散しましょう。

とにかく書店販売、ネット販売したから満足してはいけません

販売したからには、出来るだけ多くの方に知ってもらい、その本を手にしてもらいましょう。

その為には、あらゆる手段を駆使して売り込みましょう!

有名作家気分で、出版記念パーティーも開催!

先程言った様に、有名な著者でなければ、なかなか本を買ってもらえません。

書店で販売と言っても、新作や話題コーナーではなく、通常の書籍扱いで本棚に並べられるだけですから…。

そこで更に話題性を作る為、「出版記念パーティー」を開催しちゃいましょう!

もちろん費用は掛かりますが、参加者から祝儀をいただけるので、それで賄える位の会場を選びましょう。

とにかく呼べる人はいっぱい声を掛けます。

親族や友人、お世話になった印刷会社や、書籍販売取次業の方、書店の方等々…。

そして、俺が当時声を掛けたのは、「市長」です!

地域住民が本を出版し、その記念パーティーをする。これは市にとっても誇らしい事になるのではないかとアピールし、出席して頂く様に声を掛けさせてもらいます。

もちろん先に声を掛け、市長のスケジュールに合わせて開催した方がいいかもしれませんね。

市長が動けば新聞社も動きます

出版の際に取り上げてもらえなかったとしても、これこそ新聞社へ売り込みチャンスです!

パーティーの大きさは関係有りません。小さくてもいいので、市長から挨拶をしていただき、新聞社を動かせればそれでOKです。

もちろん、出版に携わった方への感謝、本を購入して下さった方への感謝も忘れずに!

自費出版は1人でも出来る!

今はネットで調べれば大抵の事は分かる便利な時代です。

当時の俺はとにかくいろいろな方にいろいろ教わりながら、出版までこぎつける事が出来たのだと思います。

だから、小説や詩、自叙伝でもなんでもいいので、自分で本を出したいと思った方は、まずは行動にうつしてください。

小説大賞に選ばれて小説家デビュー出来るのはほんの一握りの人だけなのです。

だったら自分で本を出版するのも1つの手だと思います。

そこから有名になる可能性だってあるのですから。

俺が開催した「出版記念パーティ」について、後日、書籍販売取次業の大手「トーハン」名古屋支店、当時の部長より「こんなパーティーが開催出来るのは素晴らしい」と称賛していただきました。

次は地域向けの雑誌をと考えていた矢先、自分には「男として生きる」と別の道の選択肢が出来た為、叔母と話し合い出版業を辞める事にしました。

その数年後、叔母とトーハンの部長とで話が進み、叔母の小説を「文芸社」から再度出版する事が決まったと連絡が有りました。

本当に人の出会い、繋がりって大事ですよね。

俺もいつの日か、自分の小説を世に出せる様、頑張ります!

だから、あなたも諦めないで頑張りましょう!

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

コメント

タイトルとURLをコピーしました