【性同一性障害】女性から男性へ、「なべシャツは」必需品!

性同一性障害

どうも、RYORYOです!

もう20年位、男性ホルモンを投与しておりますが、今はほとんど変化は有りません。

手術は胸オペのみですが、この歳になっても性適合手術は受けたいと思っています。

もともと女性として暮らしていた俺は、男として生きる決意をしてから、自分なりに少しでも男に見える様にと試行錯誤しながら生きてきました。

ホルモン注射でより男らしくなりましたが、今回はホルモン注射を打つ前の初期にしていた事を公表します!

短髪・トランクス・筋トレ!男として生きる努力!

女性として暮らしていた頃は、逆に怪しまれない様にわざと髪の毛を伸ばしてました。

まずはそんな長い髪をばっさりと切り、短髪にしました。

女性時代のトレードマークはポニーテールでしたが、現在はジェルで固めたツンツン頭です。

短髪にしてからツンツン頭にしてます。

それから女性用下着を辞め、パンツはトランクス、ブラはせず胸の膨らみをテーピングで抑えていました

決していい体では有りませんが、昔から逆三角形の体型で、よくある「サラシ」で胸を隠そうとチャレンジしましたが、逆三角の為に下にずれていくので、断念しました。

幸運にも元々胸のサイズは「Aダッシュ」程しかなかった為、胸の中央部分から背中に向けてテーピングで引っ張るようにし、平らになる様に見せかけてました。

ただ、テープ被れが酷くて大変でしたので、お勧めはしません。

女性時代は仕方なく手入れしていたムダ毛は、すね・腕・脇、全て生えるだけ生えろーと伸ばす様にしました。

後、不思議だったのはホルモン注射をまだ打ってない時代に、男と意識する事で男性ホルモンが活発化されたのか、顎の辺りに濃いヒゲが数本生える様になり、これには自分自身も驚きました。

身長が153.5cmしかなく小柄な為、少しでも男性らしい体に近づけたくて、毎日の筋トレは欠かせませんでした。

おなべの救世主「なべシャツ」

水商売に入ってから、おなべの先輩に胸はどうしているのか伺うと「なべシャツ」という物を教えて頂きました。

なべシャツ…おなべのシャツ(そのままやないかい)

女性から男性へ変わる為、胸の膨らみを抑える為に作られた専用のシャツです。

元々着物の下に着る胸を抑える下着を改良された物だと聞きました。

こんな便利な物があったなんて…

今まで被れと戦いながら、毎日毎日テーピングで抑えていたのはなんだったんだーと思うくらい、画期的なアイテムとの出会いでした。

今はネットでも購入可能となりますので、「なべシャツ」で検索すればヒットします。

色や形状もいろいろ有りますので、好きな物を購入してください。

当時はなべシャツと言えば「なべシャツのオカ」さん。大阪のおなべでは知らない人はいない位です。

その頃はオカさんへ注文を依頼すると、店まで来て寸法を測って下さり自分サイズのなべシャツを作って頂けました。オーダーメイドってやつですね。

両腕を通し、真ん中にあるファスナーを上まで上げれば、胸が圧迫されて少し苦しいですが、胸が真っ平になります。

胸の大きな人でも、胸板の厚い男性に変身出来ます。

そして、気になる乳首の部分には左右にポケットが付いており、全然分からない様になります。

本当に優れ物で、俺も胸オペするまでの間、長年お世話になったアイテムです。

ノンホル・ノンオペでもパス度を上げれば自信に繋がる!

ホルモン注射を投与すれば、男性の体により近づけますが、未成年者やまだそこまではと悩んでいる方は、とにかくパス度(見た目)を上げれば、それだけで自信が出ると思います。

どうしても女性らしい体つき、女性らしい顔つきを隠すのは大変ですが、誰かに「男性」として見られる様になれれば、それだけで気持ちが救われます。

逆に「女性…ですよね」と言われた日にはショックを隠し切れませんでしたが、それはそれでまだまだ変化出来るチャンスはあるという事ですので、挫けずもっと男らしさを磨きましょう。

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

コメント

タイトルとURLをコピーしました