【病気】長引く腹部の鈍痛、その正体は慢性膵炎だった!当事者が語る本当の慢性膵炎!

病気・怪我

こんにちは、RYORYOです!

20年程前、俺は大阪ミナミで水商売をしていた事が有ります。(もう20年も経つんやー)

水商売を始めるまではお酒も好きで、自分では結構強い方だと思ってました。

ですが水商売と言う仕事に就いて、お客様より毎日浴びる程のお酒を頂くうちに、休日や家では全く飲まなくなりましたね。(飲めばそれなりに飲めます)

そんな水商売を4年程しておりましたが、遂に体の一部に異変が!!

医師の診断により【慢性膵炎】になってしまいました!

今回は、慢性膵炎について語ります!

慢性膵炎とは?

よく芸能人が緊急で入院する膵炎は【急性膵炎】です。主にアルコールの過剰摂取によるもので、急激に痛み絶食で治療します。

【慢性膵炎とは】

膵臓に繰り返し炎症が起こり、 膵臓の細胞が破壊され膵臓が痩せて硬くなる病気です。

【原因】

長期間のアルコール摂取が一番多い原因です。ただ女性は原因不明の場合も有ります。

【症状】

左の上腹部や背中に鈍い痛みを感じ、長期間続く。

下痢や 腹部膨満感。

【経験談】

俺も左の腹部に鈍痛を感じ、それが何日経っても治らない為病院へ行きました。

いろいろな検査をされ、最終的に【慢性膵炎】と診断されました。

左の腹部の鈍痛、その箇所の真裏の背中をトントンと叩かれると、腹部の方まで響きます。

なかなか痛みは治まらず、でもすごく痛む訳でもなく、鈍い痛みがずっと続くのは意外と辛いです。

慢性膵炎の治療→治らない病気と言われている!

基本的には鎮痛剤の薬物治療となります。ただし、市販の鎮痛剤では効きません。

俺は医師から酷くなれば入院して絶飲絶食で点滴治療を3週間程すると言われましたが、それは絶対に嫌だったので、その期間はお酒を控え、しっかりと薬で治療しました。

そして、医師から言われたショックだったのが、

「この病気は治りません。」

治らない病気ってなんなんだ、と思い医師に確認すると、

「お酒やタバコ、脂っこい物を控えていれば、発症する事は少なく、例えばアルコール摂取が引き金となり再度痛くなる、それでまた安静にすると痛みは治まる。それの繰り返しですが、糖尿病と同じく治る事はない病気です」と。

その当時は先生の言っている意味がよく分かりませんでしたが、【慢性膵炎】と診断されてから今日まで、確かにアルコール摂取した数日後から鈍い痛みが出る様になります。

(やっちまったなぁ)と思い、薬を飲んで数日食事等を気を付けていれば痛みは治まります。

そしてまた「飲み会で調子こいて飲むと痛む→安静に過ごす→治まる」永遠とこの繰り返しを何十回と繰り返してきました。

本当に数か月飲まないでいても、残念ながら完治する事は有りませんでした。

禁酒・禁煙・食生活の見直しで発症させない事が大切!

なんて見出しに書きましたが、実際の俺は喫煙者です。

お酒は普段は飲みませんが月1位の飲み会で、結構飲んでしまいます。

食生活については、仕事が忙しくついつい手抜きのカップラーメンや等に走ってしまい、脂っこい物が中心となってしまってます。

俺、全然ダメやん…

でも、この病気と付き合っていく内に、どの位で発症するのかが少し分かってきたので、その辺は気を付けてます。

それでも、やっぱり(やっちまったな)と痛みが出てから後悔する事も有りますので、同じ症状の方は出来るだけ、『禁酒・禁煙・食生活の改善』をして下さいね。

数日左腹部の辺りの鈍痛を感じている方は、一度病院に行って検査する事をお勧めします!

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

コメント

タイトルとURLをコピーしました