水商売は夢を売る商売!ホステスに恋するのはNG!

恋愛

どうもRYORYOです!

このブログを除いたあなたは、きっと水商売好きな方ですね?

スナック・ラウンジ・クラブ等、お店は様々ですが、お店で働く女性を「ホステス」又は「キャスト」と呼びます。

水商売は「夢を売る商売」とも言われ、お客様とまるで恋人の様に接する事も有ります。

だから男性は楽しいのだと思います。が!そんなホステスさんに本気で惚れるのはタブー!だと俺は思ってます。

別にホステスさんの仕事を邪魔する為のブログではなく、綺麗に遊んで、逆にホステスさんから好かれる男性が多くなればと思っています!

女性を見下す男性は嫌われる!

よくホステスさんにおさわりするお客様見かけますよね。

ドラマや映画の影響もあると思いますが、基本おさわりはNGです。

以前、風俗店のスタッフをしていた時が有りますが、店長がやたら女の子をさわる…。もちろん嫌がっている女の子もいたので、幹部に報告して厳重注意してもらいました。

その店長が「こういう所で働く女は、少し位触っても大丈夫」と言っており、俺は心底腹が立ったのを覚えてます。

風俗店とはまた別ですが、誰が好き好んで、好きでもない男性に触られたいと思いますか?

水商売で遊ぶ金持ちの社長方、そんな考えはお持ちではないですか?

では、会社の女性社員に同じ事が出来ますか?セクハラで訴えられますよ。

どうせ遊ぶなら綺麗に遊びましょうよ、ねぇ。

このご時世、女性を見下すなんて言語道断だと俺は思います。

あわよくば、付き合えるかも…それは夢です!

ホステスさん達は、いつも笑顔で接してくれます。

軽いボディタッチや、どんな話も笑顔で聞いてくれ、細やかな気遣いをしてくれるので、そんな理想的な女性に惚れてしまうのは仕方のない事かも知れません。

でも、よく考えてみて下さい、ホステスさん可愛いですよね、綺麗ですよね、そんな女性に彼氏がいないなんてあり得ません

夢を売る商売ですから、現実に彼氏や旦那がいても決して言いません。

何度聞かれても隠し通します。それが水商売の暗黙のルールですから。

仕事が終われば、彼女たちも現実の世界へと戻り、1人の女性に戻ります。だから彼氏がいても許してあげてください。

ただし、接客中はプロとしてあなたに尽くしてくれるので、その夢の世界では大いに彼氏気分を味わえばいいと思います。

あわよくば付き合えるかも?その淡い期待は夢だと思ってくださいね。

ホステスに好かれるなら、カッコ付けずに紳士的に!

ですが、やはり1人の男としてホステスさんの本気で惚れてしまったらどうしたらいいのか。

前章でお伝えしましたが、大体のホステスさんは彼氏がいます。

そして何らかの理由で水商売で働いています。まずはそこから話を聞いて、本当の彼女を知ることが大切です。

もちろん、おさわりや口説くのは一切せず、紳士的に振る舞う方が良いお客様です。

俺の所は休憩と思って、他の席で頑張れ」と言えば、少しずつ心を開いてくれるはず。

ただ高級なボトルを入れてくれる、何もしなくてもお金を落してくれる「いいカモ」にはならない様に注意が必要です。

そうなってしまえば、ホステスはただのワガママとなり「金の切れ目が縁の切れ目」になってしまう事に繋がりますので…。

ではどうすればいいでしょうか?

「紳士的に」とは言いましたが、カッコ付けなくていいんです。お金がなければ「今日はあまり持ち合わせがない」とはっきり言いましょう。それで怒ったり、他のお客様の所に行くようなら、脈はないと諦めた方が良さそうです。

それでも「いいよ」と言ってくれたり、アフターで「私が出すよ」と言ってくれる様なら、少しは期待できそうですが、それもホステスさんの戦略の場合も事有るのでご注意を!

結論から言うと、付き合うのは難しい!

男性は単純とよく言いますが、ホステスさんは、毎日いろいろな男性を接客してますので、そんな単純な男性が、ホステスさんを落とす為いろいろしても、結局はホステスさんの戦略にハマっているだけで、手のひらで踊らされているだけの事も多いようです。

悪いですが、ホステスさんの方が何倍も上手だと思って下さい。

残念ながら、はっきり言ってホステスさんと付き合える確率は、極めて低いです。

ホステスさんの方から好きになってもらうか、あなたの愛を本物だと受け入れてくれた場合のみ成立すると思います。

だから、ホステスさんに惚れるのは、その夢の世界にいるときだけと思い、その時は名一杯楽しめばいいんです、そしてその世界から足を出した時、現実の世界に戻ればいいんです。

それが、水商売を楽しく遊ぶ方法だと思います。

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

コメント

タイトルとURLをコピーしました